社会福祉法人 白百合会 

TOP 保育園の概要 一日の生活  年間行事  お知らせ 苦情処理解決  Link

 
 
保育の理念
お告げのマリア修道会を母体とする社会福祉法人白百合会は、「互いに愛し合いなさい」とのカトリックの愛の心で、児童福祉法に基づき保育を必要とする乳幼児の保育を行う。
保育にあたっては、子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために保護者や地域社会と力を合わせ児童の福祉を積極的に推進し、地域における家族援助を行う。

保育の基本方針
保育方針は「保育所保育指針」を基本とする。
職員は、豊かな愛情を持って、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重し、プライバシーを保護することを第一義とし、保護者の意見や要望を真摯に傾聴してよりよい保育のために努力研鑚する。
 
保育目標
○心も体も元気な子ども
 ・身近な人や動植物を通して、いのちの大切を知る。
 ・運動や休憩、栄養をとり、規則正しい生活を送り、自ら安全を守るような生活習慣および態度 を身につける。
 ・くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的に遊ぶ力を育てる。
○思いやりのある優しい子ども
 ・相手の人権を尊重し、思いやりのある心を育てる。
 ・祈る心、感謝する心、許しをこう心を育てる。
 ・社会生活の基礎となる自主強調の心を育てる。
○自立できる子ども
 ・食事、排泄、睡眠、着脱衣、清潔などの正しい習慣を繰り返し、自立の芽生えを養う。
 ・身のまわりの簡単なことは、自分で処理する力を育てる。
 ・生活の中で言葉への興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力の基礎を培う。
 ・さまざまな体験を通して、豊かな感性と創造性を培う。

※お知らせ※保育園の概要のページに平成26年度決算報告を掲載しました。

〒853-0701
長崎県五島市岐宿町川原2373番地12
TEL:0959-82-0228/FAX:0959-82-0228
E-mail:kawara.0228@ceres.ocn.ne.jp